ホーム  >  新着情報  >  前川清成氏と奈良公園の環境を守る会による政策協定締結のご報告

新着情報

新着情報

2019.03.04

前川清成氏と奈良公園の環境を守る会による政策協定締結のご報告


Nara_20190305

 この度、前川清成氏(写真右)と奈良公園の環境を守る会は、奈良の県政を改革し、県民にとって真の幸せを享受できる社会の実現を目指して協議を重ねた結果、本年2月27日「政策協定」を締結するに至りましたのでご報告申し上げます。
 現在、奈良県が進める「奈良公園の高級リゾートホテル建設」や「県立高校再編」、「医療費削減計画」など私たち県民にとって看過できない問題が山積しています。
 前川清成氏が政治家として現県政を抜本から改革し「県民の為の県政」を実現するため奈良公園の環境を守る会は最大限の協力をします。

 

政策協定書

奈良公園の環境を守る会(以下甲という)と前川清成(以下乙という)は、2019年(平成31年)施行の奈良県知選挙にあたり、下記の基本政策の誠実な実行とその実現のため最大限に協力することを約束した。
 


1. 奈良の歴史、文化、自然環境を守り、不要不急の「ハコモノ」建設を見直すこと。
2. 奈良公園内の高級リゾートホテルの建設差し止めと、その計画の中止。
3. 平城高校の存続、奈良高校の早期耐震化あるいは建て替え(現地建て替えの可能性も再検討する)を含め、県立高校再編案の見直し。
4. 教育、子育て、医療、福祉政策の充実。
5. 妊産婦、乳児の健康検診無料化と、不妊治療への助成。
6. 大和北道路の建設によって平城京跡の地下水位が変化した場合、これによる埋蔵文化財への影響を懸念する声があることに鑑み、地下水位その他環境に対して充分に検証、研究すること。
7. 医療費削減計画の検証、見直しおよび地域別診療報酬は導入しないこと。
8. 労働委員、教育委員その他外部委員の公募と公正な選任。

以上

一覧へ戻る


このページのトップへ