ホーム  >  新着情報  >  公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)が奈良県荒井知事に対して要望書を発表

新着情報

新着情報

2017.10.06

公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)が奈良県荒井知事に対して要望書を発表


WWFジャパンからも奈良県荒井知事に対して「高畑町裁判所跡地リゾートホテル建設に関する要望書」が発表されました。

以下、WWFジャパンのホームページに掲載されている文書(一部抜粋):

高畑町裁判所跡地リゾートホテル建設事業では、建設予定地の詳細な動植物の生息・生育状況の把握なしに事業が進められており、奈良県や奈良市がこれまで文化と共に守ってきた自然を、消失させかねない危険を秘めております。さらに、建設事業地周辺の住民から建設事業反対の意見書が提出されているなど、地域としての合意が得られないままに建設計画が進められている点も、問題と考えます。

WWFジャパンは当該事業において以下の要望を提出いたします。
1. 奈良県は、建設予定地およびその周辺において、一部団体から公開された鳥類・植物・樹木に関する調査だけでなく、詳細かつ包括的な動植物調査を実施すること
2. 奈良県は、上記の調査結果を広く公開し、今一度、生息・生育する動植物を含めて奈良公園のあり方を、強い関心を持つ地域住民をはじめとした複数の関係者と多様な視点で検討し、合意すること

以上をもって、WWFジャパンは、奈良県が歴史的文化遺産等および生物多様性に対する真摯な対応を取るよう強く求めます。


全文はこちら
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/10/1387806.html

一覧へ戻る


このページのトップへ